information
2020.6.20-7.5 札幌の木、北海道の椅子展 2020/06/15
北海道内で活動する木工家・デザイナーが、札幌の木で椅子を制作し展示いたします。今回使用する材は、2018年の台風21号により倒木した札幌の森の木です。
「点」で活動する木工家・デザイナーが、札幌で製材を始めた樵(きこり)という異なる点と繋がることで生まれる椅子。北海道、札幌だからできる新たなモノづくりの在り方を探ります。

会期:2020年6月20日(土)~7月5日(日) /火曜休廊
時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)

出展者:中村 昇、高橋 三太郎、KANTO(石津 真一)、THREEK(宮島 弘之、仲上 博明、後藤 はづき)、kochia(荒木 孝文)、enao(遠藤 さとし)、YU UHIDA(内田 悠、621(植木 祐介、祐川 諭、藤原 誠) 計8組

樵:Outwoods (足立 成亮、山内 麻由美)

主催:Sapporo Association of Woodworkers(SAW)
共催:GALLERY創、公益財団法人北海道文化財団
後援:北海道

●ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。