2017

 2017_0712_001

2017 9/1-17

熊澤桂子はガラスを素材として、自然と人間の共存をテーマとした作品を発表してきました。  “Bony Glass”とは「骨のようなガラス」という意味合いの作家自身が作った言葉です。  バーナーワークという技法により制作された、どこまでも透明で繊細なガラスの骨。生命の輝きを感じさせる  幻想的な世界をぜひご高覧ください。
 ブログ

2017 10/6-15

加地 学展

2017 11/10-26

今井龍満展