exhibition

2022.10.1-10.10
高橋三太郎展 カタチの生まれ方 part2 温故知新-始まりはwindsor chair
10月1日~10月10日まで、札幌市在住の木工家 高橋三太郎氏の個展を開催いたします。
高橋三太郎氏は1982年に工房を設立し、40年にわたり椅子を中心に家具のデザイン、制作を続けている木工家です。
2013年にギャラリー創で開催した個展「カタチの種・デザインのタネ」では、「無からカタチは生まれない」という言葉をもとに、自身がデザインした椅子のデザインの種(いわば種明かし)をパネルで紹介し反響を呼びました。自身のオリジナルの椅子が誕生するまでのデザインの種、カタチの生まれ方。
2回目の開催となる本展では、「カタチの生まれ方 part2 温故知新-始まりはmdsor chair」と題し、ウインザーチェアに焦点を当て、この40年間にデザイン制作してきたウインザーチェアを今年の最新作も含め展示いたします。
高橋三太郎 略歴
1968北海道大学入学(1974 中退)
1971~1974ヨーロッパ、イスラエル、アメリカ、メキシコ遊学
1982家具工房santaro 設立
札幌丸善第1回個展(以降、毎年個展orグループ展1984~1989)
2003東京国立近代美術館・工芸館「日本の木工家具」9人展出品
2013「カタチの種・デザインのタネ」
2015北海道立近代美術館「高橋三太郎展 放浪する木工家とそのカタチ」 他多数発表

past exhibition

2023.1.14-1.29

原井憲二『彫刻の絵』

2022.12.10-12.25

藤沢レオ -Sculpture of Place- 『起源のモニュメント』

2022.11.26-12.04

「なにを見ているの」結城幸司 版画、木彫展

2022.11.05-11.20

山本美次展 MONOCHROME+

2022.10.15-10.30

熊谷文秀 "RUSTY MACHINES~錆びついた機械たち。"
Copyright© hagiwara construction.inc All Right Reserved.